写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

マイクロフォーサーズのノイズ耐性を約1段アップさせるフォトショップの新機能

マイクロフォーサーズの低感度時のシャドウノイズ耐性を約1段上げる擬似ハイレゾ Step①:まずは画像の長編を1.7倍に Step②:CAMERA RAWフィルターでノイズリダクション Step③:輝度40、輝度のディティール82で設定 Step④:ピクセル数を元に戻す 仕上がりを比…

マイクロフォーサーズのダイナミックレンジを最大限活かす撮り方

白飛びしてほしくないハイライト部分は適正露出からプラス1段 プラス4/3段では階調が失われる ハイライト部分のダイナミックレンジを見極める カメラのポテンシャルを最大限に引き出す為に 一般的には、マイクロフォーサーズは高感度が苦手と認識されていま…

登録数787名の無料のメルマガ写真講座のご案内

普通の写真教室や雑誌等では知ることができない​カメラ選びと写真上達の本質を 733名の受講生を指導してきたプロのアドバイザーが無料とは思えないボリュームでお届け 無料のメルマガ写真講座に今すぐ申し込む ※某大企業広報部の方の研修として写真講座の講…

自宅で学べるオンライン写真講座《15日間無料でお試し下さい》

メルマガと動画で学んで頂きます。 クレジットカードでの購読手続き後すぐに1つ目の動画をご覧になれます。 お客さまの個人情報は、すべてSSLを使用して暗号化されます。 動画はパソコンでお聞き頂くことを想定し制作しています。 申し込みはスマホからでも…

【焦点距離が長いとボケる】は正しいけど【望遠レンズはボケる】は間違いな気がする件

被写体の大きさと絞り値を統一して撮ってみると なぜ焦点距離が長くなってもボケ量が変わらないのか? イメージセンサーの大きさが変化しない前提なら背景のボケ量は絞り値に依存する 最後に 望遠レンズはボケる、という言葉はよく耳にします。実際、以前は…