写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

E-M1の顔認証AFをオンにした方がいいケースとオフがいいケース


E-M1を使ってきて実感しているのは、AF精度の高さです。カメラに対してほぼ平面になっている被写体はまず外しません。被写体が斜めになっている場合は、稀にピントが意図したところから若干前後にずれる可能性もありますが、撮影者自身がピントを合わせる場所を上手く調整することで大方前後のズレは回避可能です。また、静物限定ではありますが、AF時でのピントリングを回せば即拡大表示になりピーキング機能で微調整できるので、止まっている被写体を撮影する場合はほぼ100%正確なピント合わせが可能になります。

 

顔認証AFは便利なので人物撮影では常時ON

さて、ミラーレス一眼のE-M1の顔認証AFは非常に便利です。AFフレームを選択していても、顔を認証すれば被写体の顔に白いフレームが表示され、選択しているAFフレームよりも被写体の顔のフレームを優先的にターゲットとします。

 

f:id:photographerti:20161220124514p:plain

 

上の画像のように、例え中央のフレームを選択していても顔を認証していれば顔のフレームでAFが動作します(もちろん顔のフレームが無くなれば選択している中央のフレームでAFが動作します)。E-M1の場合は人物の全身を撮るぐらいでも普通に顔を認証してくれるので、人物撮影中にAFフレームを選択する手間が省けます。なので、人物を撮影する時には基本的に顔認証をオンにしています。

 

E-M1の顔認証AFの精度はほぼ100%だけど...

この顔認証AFは、人物の顔がほぼ正面を向いている場合かなりの精度です。本当に100発100中ぐらいの精度でピントが合います。ただ、人物の顔が斜めを向いている場合、時々手前の目よりも奥の目の方にピントが合うことがあります。

 

ただ、奥の目の方ピントが合っているとは言え、鼻と口にはピントがきていることがほとんどなので、カメラにとっては【顔にはピントが合っている】という判断なんだと思います。

 

この、顔が斜めの時に奥の目の方がピントが合うという現象が発生するのはどんなパターンがなのか?といろいろテストしてみたのですが、傾向を掴むことができませんでした。被写体が近くても遠くても、明るい環境でも暗い環境でも、この現象が発生する時は発生します。

 

最初、人物がちょっと下を向いていてまつげで目が隠れているような場合はカメラが目を認識できず、鼻と口を優先してピント合わせをするのかな?とも思ったのですが、ぱっちりの目が確認できるような状況であっても、稀に奥の目の方にピントが合ってしまいます。傾向がないとすれば、単純にE-M1の顔認証AFの精度の限界なのかもしれませんね(E-M1 MarkⅡで顔認証AFの精度が改善されていないか、また機会があればチェックしたいと思います)。

 

人物が斜めを向いている時は...

人物が斜めを向いている時に、奥の目の方がピントが合ってしまう(鼻と口にはピントがくる)という現象を回避する方法はないものか?と考えていろいろテストした結果。ほぼ回避できるであろう方法が見つかりました。それは、人物が斜めを向いている時は顔認証AFをオンにしないという方法です。そして、ピントを合わせる時に下記の画像のような場所でピントを合わせます。

 

f:id:photographerti:20161220131601p:plain

 

手前の目の外側ですね。これを、フレームの中央が目の中央にくるようにしてしまうと稀に奥の方にピントが合いますので、なるべく手前の目の外側辺りでピントを合わせるように気をつけるようにしています(カメラが瞳を検出できるぐらいアップで撮る場合は、瞳優先AFで撮影するケースもあります)。

 

顔認証AFの切り替え

顔認証をいちいち切り替えるのは面倒なイメージがありますが、E-M1の場合は簡単に設定を変えることができます。まず、背面のOKボタンを押すと背面のモニターに今の設定一覧がででてきます。

 

f:id:photographerti:20161220132659p:plain

 

この画面で、黄色になっているところが今選択している場所なんですが、この黄色を予め顔認証の設定の場所に合わせておきます。合わせておいたら、あとは撮影中にOKボタンを2回押して上下左右のボタンの右を1回押せば顔認証がONになります。オフにしたい時は、OKボタンを2回押して上下左右のボタンの左を1回押せばいいだけです。

 

OKボタンは上下左右のボタンの真ん中にあるので、指を大きく動かす必要がなくサッと変更することができます。ちなみに、一度合わせておけば電源を切ってもバッテリーを抜いてもずっと同じ場所にあるので顔認証AFのプチカスタマイズになりますね。

 

それでも、初代E-M1は今が買い時

初代のE-M1でも完成度は高く、MarkⅡがそろそろ発売となる今の時期こそコストパフォーマンスが抜群に良いカメラとなります。発売からファームウェアの更新が何度もあり、その都度E-M1の性能は着々と向上していきました。手ぶれ補正の精度も安定し、逆光時のコントラストAFの迷いも最小限になりました。動体撮影も実用的になっています。

 

ただ、顔認証の基本精度は抜群にいいものの、人物が斜めを向いている時の精度だけ時々不安があるので、その特徴を理解して使いこなす必要がありますね。できればファームウェアの更新で顔認証のAFアルゴリズムだけなんとか改善されればありがたいのですが、撮影者の工夫次第では十分な精度にはなります。メーカーに改善を望むことも大事ですが、使い手がカメラに歩み寄る姿勢を忘れないようにしたいものです。

 

ちなみに、E-M1のカスタマイズに関してはこちらで解説しているので、興味のある方は併せてご覧ください。

 


f:id:photographerti:20161218141704j:plain