読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達でお悩みの方の駆け込み寺

初心者の方、独学や教室で上達しないとお悩みの方を専門に指導を行う写真講師のブログです

ステップアップでフルサイズ一眼?本当に必要?

機材の話 写真上達

世間一般的に、写真を趣味にしている方の間では

 

いつかはフルサイズ

ステップアップでフルサイズ一眼レフを

 

という傾向があります。

 

フルサイズというのは一眼レフの規格の一つで、イメージセンサー(光が当たって画像に変わる、フィルムの役割をするもの)の大きさを示す言葉です。

 

f:id:photographerti:20151117143930j:plain

 

このように、MFTよりもAPS-C、APS-Cよりもフルサイズの方がイメージセンサーが大きくなり、イメージセンサーが大きくなればなる程画質が良くなって背景が大きくボケる傾向があります。そして、イメージセンサーが大きくなるにつれて生産コストが上がるので、どうしてもカメラ本体の価格も高くなります。

 

なので、フルサイズ一眼カメラのランク付けはミドルクラスからプロフェッショナルモデルのものばかりです(キヤノンの場合、下記画像の6Dや5DMarkⅢ 、1DXがフルサイズになります。それ以外は全てAPS-Cです)。

 

f:id:photographerti:20161109132837p:plain

出典:http://cweb.canon.jp/ir/library/pdf/2015/mp2015-2017-script.pdf

 

しかし、5D MarkⅢの隣に7D MarkⅡがあることに注目してみてください。メーカーが同じ位置づけとして扱っている7D MarkⅡはAPS-Cサイズです。エントリーモデルは全てAPS-CでありAPS-Cのプロフェッショナルモデルが存在しないことから、APS-Cの上位機種がフルサイズというイメージにもなりがちなのですが、APS-Cとフルサイズは本来別々の特徴があるので、自分の用途に合わせて選択する必要があります。

 

フルサイズの優位性?

ところで、フルサイズとAPS-Cの特徴の違いは一体何でしょうか?フルサイズがAPS-Cよりも優れているところを考えるてみると、画質の差が挙げられます。ですが、画質の差を実感するのは暗い環境でISO感度を上げた時です。ISO感度を上げた高感度時はフルサイズの方が良いという傾向があります。ただ、僕はフルサイズからMFTにカメラを変えましたが、鑑賞距離だと大きな差を感じなかったりします。下記の画像は、画質面で一番不利なMFT(オリンパスのE-M1)とフルサイズ(キヤノンの5DMarkⅡ)のISO5000の画像を拡大して切り取ったものです(鑑賞距離程度にリサイズして長編を揃えてます)。

 

f:id:photographerti:20161109190310j:plain

f:id:photographerti:20161109185805j:plain

 

フルサイズの方は機種が古いとは言え、E-M1よりも画質が良いとされるカメラです。イメージセンサーの比較を行っているDxomarkで許容できるISO感度は、E-M1は約800。5DMarkⅡは1800となっているので約1段ちょっとの差があります。

 

f:id:photographerti:20161109171859p:plain

出典:Olympus OM-D E-M1 vs Canon EOS 5D Mark II

 

しかし、 実際に過去に撮影した5D MarkⅡの写真と今使っているE-M1の写真を比べると、大きな差がありません。よーく見たら差が分かるかと思いますが、これぐらいなら十分検討しているのではないでしょうか?

 

もっと最新のフルサイズの一眼カメラと比較したら差がはっきり分かるかもしれませんが、個人的にはE-M1でも鑑賞距離なら必要十分な高感度性能だと感じています。実際に自分で撮った写真を比べてみて思いましたが、フルサイズの画質を必要としている人はISO感度が約4000以上を常用にしている人ではないかとも考えてしまいます。

 

もちろん、高感度時のダイナミックレンジや色再現など細かくみていけばやはりフルサイズの方が性能はいいです。個人的にはE-M1のダイナミックレンジでも十分な性能だと実感していますが、高感度で撮影して且つ暗部を明るくするような現像を多用する方はフルサイズの方がいいです。

 

 

 

他には、背景のボケ量の差があります。これは物理的に差を埋めようがないので、より背景を大きくボカしたいならフルサイズ一択です。ただ、背景のボケ量は下記の絞り値が基準になります。

 

APS-CでF1.8 : MFTでF1.4 = フルサイズのF2.8

 

個人的には、過去のフルサイズの写真を振り返ってみるとどれだけ絞りを開けてもF2、通常はF2.4ぐらいで撮影していたので、MFTのF1.4でも感覚的にはあまり変わりませんでした。ただ、フルサイズでF2.8以下を多用したい人は迷わずフルサイズを選択した方がいいです。

 

本当にフルサイズが必要か?

フルサイズとAPS-Cだと、フルサイズはカメラもレンズも大きく重くなる傾向があります。フルサイズが重くて結局APS-CサイズやMFTに変えてしまったという人も多くいらっしゃいます。

 

フルサイズの優位性は、先ほども触れた通り高感度を常用する人、高感度で撮影し且つ暗部を明るく補正する人、フルサイズでF2.8以下の絞りを多用する人等です。そのような撮影をする場合は、大きく重いというデメリットを考慮してもフルサイズのカメラを選択するべきだと思います。

 

ですが、そうでない方はわざわざフルサイズにしなくても、その予算をレンズに充てて撮影の幅を広げる選択肢の方がいいのではないかと思います。

 

世間では、フルサイズ=ステップアップというイメージがありますが、間違ったイメージや見栄・憧れで購入を検討していると意識が写真に向かないので上達の妨げになる可能性が高いです。もっと自分が撮る写真、撮りたい写真に集中して、自分に必要な機材を冷静に見極めたいですね。もちろん、冷静な判断故にフルサイズという選択なら何も問題ありません。自分に必要な機材で、自分の撮りたい写真をどんどん撮影していってください。

 

f:id:photographerti:20161018111338j:plain