写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

カメラが良くなっても腕は変わらないが、カメラに対するフィーリングで写真は変わる。


僕がメルマガや講座等で何時もお伝えしていることは、カメラを良くしても腕は変わりませんよということです。例え値段の高い良いカメラを買ったとしても、撮影者の腕がなければ撮れる写真は変わりません。

 

しかし、例外があります。それは、カメラのデザインや操作性といった感覚的要素を吟味できるレベルになった場合です。

 

撮影者のモチベーションに影響を与えるもの

撮影者の腕が上がれば上がる程、撮影に対する気持ちの余裕が生まれます。その余裕は、より被写体への観察であったり、カメラやレンズを使いこなす為の知恵等に貢献しますが、そこまでの余裕が生まれるとカメラが自分の感覚に合うか合わないかということがとても大事になってきます。

 

カメラに対するデザインや操作性が撮影のモチベーションに影響を与え、撮影現場でのインスピレーションに大きく影響してくるのです。

 

人それぞれ感覚も手の大きさや形も違うので、どのカメラのデザイン、グリップ、ボタンの配置、操作性がいいかは意見が分かれるところですが、自分の感覚にピッタリ合うカメラで撮影できれば、撮影者のモチベーションは高まっていきます。逆に、自分の感覚とカメラの相性が悪いと、モチベーション低下に大きく拍車をかけます。

 

フルサイズからマイクロフォーサーズに変えた背景

僕は昨年、キヤノンのフルサイズ一眼レフからオリンパスのマイクロフォーサーズに変えました。その一番の理由は、機材の重さです。機材の重さが、撮影時や移動時のモチベーションの低下になることを実感していました。

 

そこで、小型軽量であるオリンパスのミラーレス一眼E-M1をテストとして導入。その結果、小型軽量はもちろん、高画質でありカスタマイズ性の高い使いやすいカメラであることを実感し、メインの機材をキヤノンからオリンパスに変えました。

 

グリップも手に馴染み、操作性も更に良くなり、電子ファインダーに慣れるか不安でしたが意外とすんなり慣れて、今ではその便利さ故に光学ファインダー に戻れなくなったぐらいです。レンズも絞り開放から十分よく写るのでF1.4から普通に使え、ボディ内手ぶれ補正が強力なので、フルサイズに比べて劣る高感度性能は相殺されることが多いです。 

 

僕の場合は、フルサイズ一眼レフからマイクロフォーサーズのミラーレス一眼に変えたことによるデメリットはほとんどなく、むしろメリットがたくさんあるので撮影時のモチベーションを下げる要因がかなり減りました。今では、どんな撮影でも集中して撮影することができます。

 

※あくまで、僕の場合の話です。撮影スタイルや撮影する被写体によっては、またメリットとデメリットが変わってくると思いますので、あくまで一例として捉えてください。

 

カメラで変わるもの

カメラが変っても腕は変わりません。しかし、撮影に対するモチベーションやインスピレーションに影響してくる為、結果として好きなカメラの方が良い写真が撮れるようになるケースもあります。

 

僕はその典型的なケースであると実感しています。実際に腕が変ったわけではありませんが、今まで撮れなかった写真も撮れるようになり、単純に良い写真が撮れる確率は上っています。

 

もし、あなたがスランプに陥っていたり、撮影に対して何か感覚的に引っかかることがあるなら、それはもしかするとカメラとの相性という可能性があります。もちろん、自分の腕の無さを棚に上げてカメラのせいにするのは本末転倒です。しかし、カメラに対するフィーリングは写真撮影において重要であることは間違いありません。

 

 

f:id:photographerti:20151202143317j:plain