読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

ミラーレス一眼の実用化による表面化した一眼レフのデメリット


一昔前は、ミラーレス一眼よりも一眼レフをメインに使われることが多かったのですが、近年の上位機種のミラーレス一眼は、一眼レフの土俵を奪いつつあります。

 

動体撮影などはかなり実用的になり、電子ファインダーも快適になり。一眼レフを完全に凌駕するというレベルではないもの、特殊な撮影でなければほとんどの撮影をこなすことができます。僕はカメラマンをやっていますが、今年の頭にキヤノンの一眼レフからオリンパスのミラーレス一眼に機材を変えました。ですが、仕事でも問題なく使えてます。

 

一眼レフのデメリット

僕が一眼レフからミラーレス一眼に変えた理由の一つに、一眼レフのデメリットがあります。それは、

 

カメラとレンズの組み合わせによるピント精度のバラツキ

  

前ピン後ピンという言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、そのことです。

 

カメラもレンズも量産品なので出荷規格があります。出荷規格内であればカメラもレンズも店頭に並びますが、この出荷規格内でもギリギリ規格内、又は規格内でもプラスとマイナスの反対側で規格内になったカメラとレンズの組み合わせだとピントが微妙に前後します。これは、一眼レフでは仕方のないことです。

 

しかし、ミラーレス一眼ならその心配がありません。ミラーレス一眼はコントラストAFを採用していて、これはカメラが実際の映像を見て一番コントラストの大きいところでピントを合わせます。その為、前ピン後ピンという現象がおきないのです。

 

この前ピン後ピンで頭を悩ませている方は意外に多いです。なぜなら、メーカーに調整をお願いしてもピント精度が100%合うようなるとは限らないからです。カメラ側で調整する機能もあるので、自分である程度調整することでほぼ解決できることもあります。しかし、この悩みはカメラやレンズを買い足した時にまた現れます。

 

ミラーレス一眼の実用化で、一眼レフのデメリットが表面化

ミラーレス一眼が実用的でない時代は、メインカメラは一眼レフの選択肢しかありませんでした。しかし、現代においては一眼レフを選択することはデメリットになるようなケースも出てくるようになったのです。

 

具体的に言えば、動く被写体を撮らない人ですね。そのような人は、一眼レフにするメリットは少ないです。もちろん、ミラーレス一眼にも一眼レフと比べて劣る部分もあります。例えば、低予算で動く被写体を撮りたい場合です。ミラーレス一眼で動体撮影が実用的になったとは言え、上位機種のカメラとレンズが必要になりコストは高くなります。

 

また、ボディが小さくなることでバッテリーも小さくなります。それに加え、ミラーレス一眼は一眼レフよりも電池消耗が激しいので、バッテリー1つで撮れる枚数が小さくなります。撮影スタイルによっては一眼レフの方が良いケースもありますね。

 

他には、メーカーの選択を誤ると、レンズの選択肢が少なかったり、イメージした背景のボケを得られないケースがあります。

 

以上のように、まだいくつかミラーレス一眼のデメリットもありますが、ほとんどは時間が解決してくれる問題です。今後は、一眼レフよりもミラーレス一眼の方が主流になってくる可能性は高いでしょうね。

 

今後カメラを買うなら、一眼レフとミラーレス一眼のメリットもデメリットをよく考えないといけません。

 

f:id:photographerti:20151013164212j:image