写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

一眼レフに入門用も初心者用もない?強いて言うなら○○の違い


写真講座を長年やっていると、こんな質問をよく受けます。

 

「初心者でも使いこなせるカメラはありますか?」

 

しかし、残念ながら初心者でも使いこなせるカメラはありません。なぜなら、どのカメラでも使い方は変わらないからです。

 

強いて言うなら、オートの種類が多いかどうかの違いはあります。エントリーモデルという値段の安い、ランクで言うと最下層のカメラがありますが、このカメラにはフルオートモード以外にも、ポートレート、風景、スポーツなど様々なシーンモードがあります(1ランク上のミドルクラスの一部のカメラにも有)。

 

シーンモードを搭載する目的

このシーンモードは、それぞれのシーンに合わせて色合いや各設定を最適化するモードで、スポーツ、風景、夜景、ポートレート等の設定が可能です。これは、一眼カメラの使い方が分からない人でも、カメラ側で設定する項目を大体合わせてくれる機能です。

 

つまり、

 

一眼カメラを買ったけど、使い方が分からない・・・、そんな人でも最低限各設定を最適化して少しでも綺麗に撮れるように。」

 

という自転車の補助輪的な役割として搭載されています。なので、このモードを使うということは決して使いこなしているわけではなく、むしろ使いこなせないからカメラ任せにするモードなのです。

 

どのカメラも使い方が変わらないとはどういうことか?

シーンモードは、各設定をカメラ側で最適化するものです。ですが、それはできるだけ綺麗に撮る為にカメラが判断した設定であり、自分のイメージ通りに撮れるとは限りません。その為、撮影者自身がある程度基礎を学び上達すると、明るさの微調整や、背景のボケ量のコントロール、動く被写体の動感の表現など、瞬時に微調整を行うようになります。

 

なので、撮影者が上達して良い写真が撮れるようになりたいと思っている場合は、シーンモードは使わずに自分で各設定を調整するのです。その調整の項目はどのカメラでも同じなので、むしろ値段の安いエントリーモデルの一眼カメラよりも、ワンランク上のミドルクラスの一眼カメラの方が使い勝手もよく基本性能も高くてオススメすることが多々あります。

 

カメラ選びの本当のポイントは?

以上の点を踏まえると、全くの初心者であっても上達したいという意欲をお持ちの方ならミドルクラスの一眼カメラがオススメです。ただ、ミドルクラスの一眼カメラは大きくて重くなる傾向があります。人によっては、カメラ等の機材はなるべく軽くしたいという人もいますので、そういう場合は上達する意欲がある人でも小型軽量なエントリーモデルの一眼カメラをオススメすることもあります。

 

全くの初心者でそこまで上達の意欲がない人、又は上達したいけど今は練習の時間がとれないからとりあえずなるべく綺麗に、という方にはエントリーモデルの一眼カメラでシーンモードを使って撮影することをオススメします。

 

 

 

なので、一眼カメラには初心者用も入門用もありません。一応、カメラメーカーのランク付けでは値段が安いカメラが初心者用とされていますが、写真上達の意欲がある人はメーカーのランク付け関係なく用途に合わせてカメラ選びを行う必要があるのです。

 

もしあなたが初心者でカメラを探しているのなら、今一度自分にどれだけの意欲があるのかを確認してみてください。そうすれば、無駄な買い物にはならずに済むと思いますよ。

 

f:id:photographerti:20150715124541j:plain