読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

上達しない人は学ぶ。上達する人は○○する。


写真を趣味にしている人、何かでスキルアップを目指す人で、上達したいと思っているのになかなか上達しない人にはある共通点があります。それは、学ぼうとする意欲が強いということです。

 

間違いではないので、もう一度言いますね。

 

上達しない人の共通点は、学ぼうとする意欲が強いことです。

 

学ぶことは良いこと。おそらく、多くの人がそう思っているはずです。もちろん、学ぶことが悪いことだとは言いませんし、学ぶことも大事だと僕自身も思っています。ですが、学ぶ意欲が強い人は、上達に必ず必要なある行動に制限をかけてしまう場合があります。ではどのような行動に制限をかけてしまうのか?それは、思考です。

 

 

思考が無ければ何事も上達しない 

僕が定義している上達の法則は以下になります。

 

上達 = 基礎練習 × 思考 × 実践

 

なので、僕の講座や教材では、まず上達に必要な基礎練習をお伝えします。その基礎練習を元に、実際にどのように思考しながら実践するのかを具体的にお伝えします。

 

ですが、多くの方は

 

上達 = テクニック × 実践

 

という風に思考が抜け落ちてしまいます。しかも、学ぶのは基礎練習に必要な要素ではなく、撮影テクニックという場合がほとんどです。一般的な写真講座でも、基礎練習の要素ではなくテクニックばかり教えるケースが多々あるので、これは仕方のないことかもしれません。

 

テクニックを学び実践するだけでは、テクニックを活かした写真しか撮れなくなります。テクニックありきでの撮影しかできないので、どうしたら写真が良くなるか?この被写体でこのシチュエーションならどのように撮れば自分のイメージ通りの写真になるか?という思考する癖がなかなかつきません。

 

 

テクニックを学ぶのではなく、自分がイメージしたものをいかに写真に落とし込むことができるかを思考する

こうすればこうなります。この被写体はこう撮りましょう。という指導の仕方は思考が止まる危険性があります。それは表現方法の一つであって、こんな撮り方もありますよという一例でしかないのです。もちろん、特定の被写体を特定の環境で良く撮る方法を知りたいなら話は別です。

 

ですが、多くの人はそうではないはずです。どんな環境でも、どんな被写体でもより良い写真が撮れるようにと思っていらっしゃるはずです。ならば、特定の環境で特定の被写体を良く撮る方法でなく、テクニックばかり追い求めるのではなく、自分のイメージを写真に落とし込むにはどうしたらいいか?と思考する力を身につけましょう。その思考力があれば、自然と上達していきます。

 

もちろん、特定の環境で特定の被写体を良く撮る方法やテクニックも、表現の幅を広げてくれるので不必要と言っているわけではありません。ですが、それは一つの選択肢でしかないということです。それよりも大事なのは、どんな撮影にも共通する【どう撮ればどう写るか?】という基礎スキルをまず磨くことです。その基礎スキルを磨いて初めて、テクニックなどが表現の幅を広げる役割として活きてくるのです。

 

f:id:photographerti:20160518142222j:plain