読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

写真が上手な人だけが意識している、写真の良し悪しを決める6つの要素


初心者の受講生さんとお話すると、写真が上達する為には覚えることがたくさんあると思っていらっしゃるが非常に多いです。カメラの機能はとても多くなり、WEBやカメラ雑誌では様々な機能や撮影テクニックなどが紹介されてますので、そう思われても仕方がないのかもしれません。

 

しかし、それらの機能やテクニックなどは、実際の撮影ではほとんど使わず、撮影時に設定する項目も多くて5つぐらいしかありません。

 

ましてや、カメラの機能を使いこなせるようにならないと上達しない、ということはありません。上達する為には、基本的なカメラの仕組みとマニュアル撮影の方法を理解し、写真の良し悪しを決める6つの要素を意識して撮ることです。

 

6つの要素をしっかりと考えて撮影することができれば、とくにカメラの機能に詳しくなくても写真はちゃんと上達していきます。逆に言えば、写真がなかなか上達しないという人は6つの要素を普段から意識して撮影されていないのです。では、その6つの要素とは何なのか?順番にご説明します。

 

①光 

写真の良し悪しを決める要素として、まず光です。被写体に当たる光の質と向きの違いで写真の雰囲気は大きく変わります。

 

②背景

被写体の背景次第で、写真の雰囲気は大きく変わります。ただ闇雲に撮るのではなく、良い背景で撮れるようにしっかりと考えてから撮影しないといけません。

 

③構図 

写真の中で被写体をどう配置するか。どこにどのように配置するかで、写真の安定感や伝わるイメージが変わります。

 

④画角

画角とは写る角度のことですが、写る角度が変わると写り方が変わります。つまり、写り方がどう変わるのかをしっかりと理解しておかなければいけないのです。

 

先日のこちらの記事でもご紹介しましたが、

 

 

初心者のほぼ100%は写り方の違いの重要性を理解していない為、レンズの使い方を間違えます。そして、写真歴が長いけどなかなか上達しないという人の80%は正しいレンズの使い方を知りません。つまり、正しくレンズを使うことの重要性をしっかり理解することが大事なのです。

 

⑤背景のボケ

写真では被写体の背景をボカすことができ、そのコントロールもできます。背景のボケをコントロールすることで、写真の雰囲気や伝えたいイメージをコントロールできます。その為、背景のボケをしっかりコントロールし自在に選択できるようにならなければいけません。

 

しかし、背景のボケには上達を妨げる落とし穴も存在します。それについてはこちらで書いていますので、併せてご覧ください。

 

 

⑥被写体の動感

被写体が動く感じは、カメラの仕組みを知りマニュアル撮影ができるようになるとコントロールすることができます。歩いている人を止めて撮ったり、又は歩く雰囲気を残す為に手足だけブレた写真を撮ったりとに自在に動きをコントロールできるのです。

 

6つの要素の前にカメラの仕組みを知りマニュアル撮影を

さて、ここまで写真の良し悪しを決める6つの要素をお伝えしました。これらの要素さえしっかり考えれば、写真は良くなっていきます。

 

カメラの機能やテクニックは、けっこうな数になります。説明書が1センチぐらいの厚みぐらいになるぐらいです。でも、それらは必要な人だけが学べばいいのです。でも、できたら

 

「こんな機能がある。こんなこともできるんだ」

 

という程度には知っておいた方がいいかもしれませんね。もしかしたら将来、その機能を使いたい時がやってくるかもしれませんので、詳細は知らなくても、どんなことができるか?ぐらいは知っておくといいと思いますよ。

 

もちろん、知らなくても写真上達の妨げにはなりませんのでご安心を。

 

しかし、カメラの仕組みを知りマニュアル撮影ができるようにならなければ、④⑤⑥の後半は正しくコントロールできません。つまり、写真の良し悪しの要素の半分を捨ててしまうことになるんです。だからといって全ての写真の良さが半減するわけではありませんが、良い写真になる確率は半分になります。

 

写真上達したいと思うなら、まずはカメラの仕組みを知り、マニュアルで撮影できるようになることです。そして、6つの要素を1つずつ理解し実践でしっかり考えられるようにすることですね。是非チャレンジしていってください。

 

f:id:photographerti:20160905102714j:plain