読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達でお悩みの方の駆け込み寺

初心者の方、独学や教室で上達しないとお悩みの方を専門に指導を行う写真講師のブログです

「写真講座・教室ってどこも同じじゃないの?」という問い合わせ...


 先日、こんな問い合わせがありました。

 

「写真講座ってどこでも同じじゃないの?」

 

 

その方がどういう経験をされてきたのかは分かりません。もしかしたら、

 

「まだ一度も講座などに参加したことがないけど、WEBで見ている限りどこも同じだ。」

 

 

と感じられたのか、もしくは

 

「いろんな講座に参加したけど、どこも同じことしか教えてくれない。」

 

 

という実体験があったのかもしれません。

 

本当のところは分かりませんが、同じように思っている方は他にもいらっしゃると思います。今回は、そんな教室・講座の種類の違いと、僕の講座との決定的な違いをお伝えします。

 

初心者を対象にした楽しむことを目的とした教室

初心者を対象にした講座・教室などは、多くのケースでカメラの基本的な使い方やすぐに実践できる撮影のポイントをまずお伝えしています。定期的に講座があっても、本格的に上達するというよりもまずは簡単に使い方を知り楽しむという目的であることが多いです。

 

参加者も初心者の人なので、やはり簡単に良い写真を撮れるということでそこそこ満足されます。しかし、よく言えば誰でも簡単に、悪く言えば付け焼刃の知識とテクニックになり、本格的に趣味として取り組む場合は物足りなさを感じる可能性があります。

 

初心者〜中級者の集まりで、勉強会などは月に1度ぐらいのグループ

○○支部や、サークルなどでは、写真上達は基本的に独学。あとは、参加者同士でその都度批評会をしたり教えあったり、月一度ぐらい勉強会を開いたりという活動をされています。グループ内で各自が写真を持ち寄ってグールプ内のコンテストを行っているところもあります。

 

グループ次第では、参加者の写真歴が長く上手な人が多いケースもあります。一方、ほとんど初心者というグループもあります。参加者の中に上級者がいれば、聞けば教えてくれるので写真上達の意欲が強い人は初心者の人でもこういうグループに入られることが多いですね。

 

写真学校のようにカリキュラムを組んだ教室

初心者を対象にしながらも、半年一年というカリキュラムが組まれた教室などもあります。一通りの知識とテクニックを学べるので、初心者でも上達への意欲が高い人が参加されます。こういう教室は、田舎にはあまり存在せず、東京、大阪など都会にしかなかったりします。

 

一度で完結する、地元のカメラマンなどが開催する講座

カメラマンで講座などを行うのが嫌いではない人は、機会があれば講座を開催されることがあります。しかし、その多くが一度きりで完結し、簡単なカメラの使い方や撮影のポイントなどを教えられます。最初にもお伝えしたように、よく言えば誰でも簡単に、悪く言えば付け焼刃の知識とテクニックですね。

 

当事務所の場合は

写真教室・講座をざっくり分けるとこんな感じになりますね。ちなみに僕の場合はこのどれにも当てはまりません。説明するなら、

 

・写真上達を目的とした一度きりの講座(又はオンライン講座)で基礎練習を伝え、その後はメルマガで上達のサポートをし、メール・電話でその都度相談に乗る

 

 

 

というスタイルです。僕は何度も通う教室というスタイルではなくても、受講生さんに最短確実に上達する方法は伝えられると考えています。それについてはこちらで書いています。

 

pentax-pro.hatenadiary.jp

 

実際に、最初の一度の講義を講座や教材で聞いてもらい、その基礎練習を実践している方は8年かかる上達期間を最短半年にできるぐらい上達されます。プロ顔負けの腕になっている人もいらっしゃるので、地元で独立されたら僕の仕事が減らないか心配しているぐらいです。

 

なぜそこまで上達していくのか?それは、僕が講座や教材で指導しているのが、他の教室では教えられない写真上達の原理原則・基礎練習だからです。

 

f:id:photographerti:20150516100309j:plain

 

この画像をご覧頂くと分かり易いと思いますが、僕の講座(教材)では他の教室などでは指導されない基礎練習を指導します。知識は土台作りの条件、テクニックは撮影の幅を広げるものなので上達の要素ではありませんが、一般的な教室は知識とテクニックしか指導されません。

 

その為、写真教室などでは上達する人としない人の二極化が起こりやすいです。それについてはこちらで書いています。

 

pentax-pro.hatenadiary.jp

 

ちなみに、半年一年とかけて教室で学ぶことは、調べれば大抵のことがWEBで公開されています。今の時代、独学でも十分知識とテクニックは学べるので、高いお金を払って教室や学校にいくのは、よくよく考えなければいけません。

 

また、僕の講座・教材の特徴は、最初に基礎練習をお伝えするので、今後何を意識してどう練習していけばいいのかが明確になります。その為、

 

「今まで上達する為に何をすればいいか分からなかったけど、その悩みが消えました。」

 

というお声をよく頂きます。つまり、今までの悩みが一瞬にして消え去り、不安がなくなるようです。つい先日も、教材のお客様からそのようなご感想を頂きました。

 

f:id:photographerti:20150516111443j:plain

 

この画像は、僕が教材やメルマガ配信で利用しているサービスの管理画面です。このようなご感想を頂くことが多いので、講師冥利に尽きますね。

 

f:id:photographerti:20150516113923j:image