写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

iPhone6ユーザー必見!安いコンデジを凌駕するiPhone6のカメラ・編集機能


先日iPhone6に変えたのですが、iPhone6のカメラ機能、そして編集機能が優秀で驚きました。 それまで使っていたのはiPhone5なのですが、iPhone5ではアプリをいくつかダウンロードして使い分ける必要があり、通常のカメラ機能と編集機能ではできないことも多かったんです。

 

しかし、その多くがiPhone6になって改善され、写真のアプリがほとんど必要なくなりました。ではどのように改善されたのか?

 

①撮影時に明るさの調整ができる

iPhoneは撮影時にタップ(指でタッチ)したところにピントと明るさが合う、ただそれだけのシンプルな機能でした。その為、明るさの微調整などが行えず、僕はiPhone専用のcamera+というアプリを使用していたんです。

 

しかし、iPhone6からは通常のカメラ機能で明るさの微調整が行えるようになりました。

 

f:id:photographerti:20150329101325p:plain

 

この画像がiPhone6のカメラですが、タップしたところに黄色の四角が現れます。その横に太陽マークがありますよね。これが、明るさの微調整機能です。

 

この太陽マーク辺りをタップしながら上に指をスライドするとプラス補正。指を下にスライドするとマイナス補正になります。この機能があるおかげで、撮影時にiPhone専用のアプリを使う必要が無くなりました。

 

②撮影後の編集機能で、暗いところ・明るいところを分けて明暗の調整ができる

iPhone6では、撮影した写真も微調整が可能です。画像を開いて「編集」ボタンを押すと下に3つのアイコンが出てきて、その右側のアイコンをタップするとさらに

 

・ライト

・カラー

・白黒

 

という3つの項目がでてきます。下の画像はライトとカラーの項目をさらにタップして広げた状態です。

 

f:id:photographerti:20150329154139p:plain

 

ここでとくに注目したいのが、ライトの項目内に、シャドウとハイライトがあることです。シャドウとは、画面の暗い部分から中間部分をプラス・マイナス補正できる機能です。ハイライトは逆に、画面の中間から明るい部分をプラスマイナス補正する機能です。 

 

露出という項目を調整すれば、画面全体を均一にプラスマイナスに補正できますが、暗いとこをだけを補正したい、明るいところだけ補正したいというケースは意外と多いので、この機能があるのはとても有り難いです。スマホの補正でここまで調整ができるのは正直驚きましたね。まるで普段フォトショッップで補正しているような感覚で使えます。

 

③撮影後の編集機能でカラーバランスを調整できる

 

f:id:photographerti:20150329154139p:plain

 

カラーのところでは、色かぶり補正ができます。これは、画面全体のカラーバランスを整える機能で、青っぽいを色合いを忠実に、黄色っぽい色合いを忠実に近づけるように補正することができます。

 

実際に見てもらうと分かりやすいのですが、下の3枚の画像は真ん中が元の写真。上は黄色っぽく補正した写真。下は青っぽく補正した写真です。

 

f:id:photographerti:20150329155631j:plain

f:id:photographerti:20150329155634j:plain

f:id:photographerti:20150329155637j:plain

 

今回のサンプルは、元の写真が忠実に色を再現した写真なので、黄色っぽく・青っぽく補正してみました。

 

本来は、黄色っぽく写った写真や青っぽく写った写真を忠実な色再現に近づける機能なので、もし撮影をして色合いを調整したくなった場合は是非試してみて下さい。

 

個人的にあれば嬉しかった機能

ここまで一番使う機会が多い3つの機能について解説してきました。この3つの機能を知っていれば、おそらく他のアプリはほとんど必要なくなるのではないかと思います。

 

もちろん、今まで通りインスタントやクロームなどの選択もできますので、この辺りもケースバイケースで使い分けてみるといいでしょう。

 

f:id:photographerti:20150329160724p:plain

 

ただ、もう1つ個人的には欲しかった機能があります。それは記録画質の選択です。iPhone6は800万画素ですが、800万画素で撮られた写真は、スマホはもちろんパソコンで見る時もサイズが大きすぎます。印刷するなら最大画素数の800万画素で撮りたいですが、WEBでの使用が多い場合は例えば400万画素、100万画素と用途に合わせて選択できるようになれば言うことなしです。

 

iPhone6は完璧か?

さて、iPhone6について解説してきましたが、如何でしたでしょうか?今回の記事のタイトルは、安いコンデジを凌駕する〜と書きましたが、個人的な感覚では本当に安いコンデジよりも良いカメラなんじゃないかと思っています。

 

ただ、スマホのカメラはズームができません。スマホのカメラのズーム機能はただ拡大しているだけなので、ズームすればする程画質が悪くなります。なので、ズームだけ比べるとコンデジの方が使い勝手はいいかもしれませんね。

 

 最後に、MacのHPで公開されている、iPhone6で撮られたギャラリーをご紹介します。

 

www.apple.com

 

このギャラリーを見ると、弘法筆を択ばずということわざを思い出しますね。

 

 

※写真はiPhone6で撮ったもの。

f:id:photographerti:20160918105401j:plain