写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

初心者が陥りやすい一眼カメラ上達の落とし穴


一眼カメラを使っていると、簡単に背景がボケます。初心者のうちはとくにこの背景のボケが感動的なので、気づけば背景をボカした写真ばかりを撮影していることも。僕も初心者の頃はそうでした(笑)

 

でも、この簡単に背景がボケることが写真上達の落とし穴になったりします。

 

なぜなら、背景がボケるようになったのはカメラの仕様であり、撮影者の腕の問題ではないのです。厳しい言葉で言えば、撮影者の腕は何も変わっていないのです。

 

この落とし穴にハマらないようにするには、背景がボケてなくても良い写真が撮れるように意識することです。1番良いのはスマホで撮ることですね。スマホは構造上背景がなかなかボケません。

 

背景がボカせないと、自然と背景の選択・整理に意識がいきます。その癖さえつけてしまえば、写真はより良くなっていきますよ。もちろん、背景をボカしてはいけないと言っているのではありません。背景をボカして誤魔化さないということです。 

 

今まで背景をボカしてばかりいた人は、是非この機会に背景をボカさずに撮影してみて下さい。

 

 

f:id:photographerti:20160405115041j:plain