読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

写真が上達しない人の習慣


近年はデジタル一眼カメラの値段も安くなったせいか、多くの方が一眼カメラを持っていらっしゃいます。しかし、そのほとんどが持っているだけで使いこなせていないというのが現状です。そこで今回は、カメラを使いこなせていない方がよくやりがちな間違った練習方法、考え方を書いてみたいと思います。

 

写真の善し悪しは、自分の腕次第ということを肝に銘じる。

写真が上達する人の機材は最小限のことが多いです。自身の写真表現に必要な機材は何なのかを知っている為、無駄に機材を買うこともありません。そして、性能が良い機材があれば良い写真が撮れるという概念もありません。

 

写真がなかなか上達しない人は、自分の腕の無さを棚に上げて機材を変えれば写真が良くなるのではないかという幻想を抱いています。少々厳しい言葉になるかもしれませんが、これが現実です。そして、僕も同じ経験をしてきたことがある為によく分かるのです。

 

写真は誰でも撮れるものではない 

写真は、シャッターを切れば誰でも写ります。それ故に、簡単に誰でも良い写真が撮れるというイメージがありますが、そうではありません。ピアノを想像してみて下さい。ピアノの鍵盤を叩いて音を出すのは誰だってできます。しかし、何か曲を弾こうと思えばそれなりの練習が必要です。

 

写真も同じなんです。シャッター切ることは誰でもできます。しかし、きちんと写真が撮れるようになるには、それなりの練習が必要なんです。

 

絵になる被写体ばかりを撮らない。

初心者のうちから絵になる被写体ばかりを撮影していると、写真上達の妨げになります。絵になる被写体は、初心者の方が撮っても絵になりやすいです。それ故、自分は写真が上手であると錯覚してしまいます。

 

絵にならない何気ない被写体で素敵な写真が撮れるように、日頃から練習しなければいけません。

 

数を撮るのではなく、質を上げる。

練習は嘘をつかないというのは嘘です。練習の目的を明確にせず、ただシャッターを切っても上達はしません。シャッターを切る前に、どう撮れば良い写真になるかを試行錯誤し、狙い打つようにシャッターを切ります。そしてシャッターを切った後も、どうすればもっと写真が良くなったかと試行錯誤を繰り返します。

 

この意識がとても大事で、ただなんとなく1万枚撮影するよりも試行錯誤して100枚撮る方がより基礎スキルを向上させてくれます。

 

本を読んだり教室に行くだけでは上達しない

本を読み教室に行くだけでは上達しません。実は、本や教室では技術的なことばかりを指導され、写真が上達する要素は指導されないケースがほとんどです。その為、余程良い本や教室でない限り、知識や技術の習得、同じ趣味の方との交流が目的ということをしっかりと意識しなければいけません。

 

ちなみに、写真が上達する要素は【撮影者の基礎スキルを継続的に向上させてくれる基礎練習】です。基礎練習を指導されている方は、おそらく全国を探してみても僕を含め数人しかいないと思います。

 

最後に

写真歴が長くなっても、写真の基礎練習とは何か理解していなかったり、練習の目的を明確にしていなかったり、①〜⑤のポイントに当てはまっていたりすると、何年経っても写真の腕は変わりません。

 

写真だけに限りませんが、上達するにはいかに質の高い練習を繰り返していけるかが重要となるのです。

 

 f:id:photographerti:20150312151102j:plain