読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真上達でお悩みの方の駆け込み寺

初心者の方、独学や教室で上達しないとお悩みの方を専門に指導を行う写真講師のブログです

超広角レンズは◯◯を考慮しないと画質が落ちる

カメラのレンズには各収差があります。 【色収差】 ・軸上色収差 ・倍率色収差 【ザイデル収差】 ・球面収差 ・コマ収差 ・非点収差 ・像面湾曲収差 ・歪曲収差 各メーカーがレンズを設計する時、この収差をいかに無くせるかと試行錯誤しています。各収差を…

マイクロフォーサーズで35mm判換算12mmで撮影する方法

僕が普段から使っているマイクロフォーサーズは、焦点距離が2倍になります。なので、35mm判換算で50mmで撮影したい場合は25mmを。35mm判換算85mmで撮影したいなら、42.5mmのレンズの使わなければいけません。 もちろん、メーカーはその点を考慮し様々なレン…

マイクロフォーサーズで絞りの調整が可能なアオリレンズ

マイクロフォーサーズ規格を採用しているオリンパスとパナソニックは、レンズラインナップも豊富で大方のレンズが揃っています。F2.8通しで防塵防滴の超広角ズーム、標準ズーム、望遠ズーム。廉価版のレンズ。小型軽量の単焦点レンズ。そして、今年の夏から…

肝心な時に「カメラのシャッターが切れない!」を防ぐ方法

最近のデジカメは画素数が多く、連写機能も向上してきました。ですが、連写をしていると、カメラの連写速度が遅くなったり、書き込みが終わるまでに時間がかかりシャッターが切れなくなったり、撮影モードを変えられなかったりと、シャッターチャンスを逃し…

カメラが良くなっても腕は変わらないが、カメラに対するフィーリングで写真は変わる。

// 僕がメルマガや講座等で何時もお伝えしていることは、カメラを良くしても腕は変わりませんよということです。例え値段の高い良いカメラを買ったとしても、撮影者の腕がなければ撮れる写真は変わりません。 しかし、例外があります。それは、カメラのデザ…

一眼レフを中古で最も安く買う方法

カメラやレンズの中古市場は大きく、大抵は購入希望のものが中古で買えたりします。新品同様であっても、中古というだけで値段も少し安くなるので、お得な買い物になりますね。このページをご覧のあなたも、1度は中古で探してみようと思ったことがあるはずで…

カメラマンではないけど仕事で写真を撮る人に勧めたいカメラ

仕事柄いろんな人とお会いしますが、カメラマンではないけど仕事で写真を撮るという人は以外と多いです。今回はそんな人にオススメしたいカメラをご紹介します。 ①キヤノン G7X ※画像は価格.comの製品ページより 本職でない人がカメラを持つ場合、他にもいろ…

超広角レンズを超小型軽量で楽しむならこのカメラ!

先日講座を行った時にこんな質問がありました。 「山を歩くことがありますが、なるべく小型で超広角レンズを使って撮れるカメラはありますか?」 少し考えた結果、僕はある組み合わせしか思いつきませんでした。それが、パナソニックGM1とパナソニックの7-14…

カメラ選びで何を優先する?小型軽量?背景のボケ?予算?

デジタル一眼カメラは3つの規格があり、それぞれカメラの大きさや背景のボケる量が違います。この規格の差は、光を画像に変換するイメージセンサー(昔のフィルムの役割をするもの)の大きさの違いです。画像で見てみるとこんな感じですね。ちなみに、フルサ…

写真が上達しない理由トップ5

写真が上達しない理由についてはこのブログでもいろいろ触れてきましたが、数として挙げてみればいくつかあります。そこで、今回は写真が上達しない代表的なものについてまとめてみたいと思います。 上達しない理由第5位:学ぶばかりで思考しない 上達しない…

ミラーレス一眼の実用化による表面化した一眼レフのデメリット

// 一昔前は、ミラーレス一眼よりも一眼レフをメインに使われることが多かったのですが、近年の上位機種のミラーレス一眼は、一眼レフの土俵を奪いつつあります。 動体撮影などはかなり実用的になり、電子ファインダーも快適になり。一眼レフを完全に凌駕す…

カメラ選びで失敗する「一眼」という言葉の落とし穴

カメラはどれがオススメですか? という初心者の質問に対して、 キヤノンかニコンにしておけば大丈夫みたいだよ という初心者のアドバイスをされることが時々ありますが、このアドバイスは大丈夫どころか失敗する可能性を高めます。 その理由は、一眼レフと…

知らないと追従しないE-M1の動体撮影の設定

オリンパスの望遠レンズと言えば、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 kakaku.com 35mm判換算で80-300mmF2.8になるこのレンズは、ポートレートや商品撮影でも活躍するので使用頻度は高いです。そして、オリンパスOM-Dユーザーで動体撮影をするなら…

スマホのカメラはどこまで撮れるのか?

// 良い写真を撮るには良いカメラが必要 そんな風に思っている方も少なくありません。僕の講座の受講生さんも最初はそんな風に思っている方も多く、上達しないという悩みを抱えている一方で良いカメラをお持ちの方が多いです。 もちろん、良いカメラでないと…

一眼カメラ購入前に知っておきたい一眼クオリティのコンパクトカメラ

近年、写真愛好家、又はプロの間で注目を集めているのが高級コンパクトカメラです。このコンパクトカメラの特徴は、一眼レフカメラに比べて小型軽量にも関わらず、一眼カメラとほぼ同等の画質で撮影することができるカメラが多いことです。背景も普通にボケ…

写真が趣味な人はGoogleドライブよりもドロップボックスを

インターネット上でデータを共有するサービスをオンラインストレージサービス、又はクラウドストレージサービスと言います。利用者の不手際が無ければ、データのバックアップとしても使うことができ、近年は話題になっていますね。 クラウドストレージサービ…

幼児のママ必見!子供と出かけるなら一眼カメラではなくRICOHのGRを

僕は普段、オリンパスのミラーレス一眼E-M1を仕事でもプライベートでも使っています。最上位機種でもボディはかなり軽量。プロレンズをつけても比較的軽量なので、歩き回るような撮影では軽いフットワークで撮影が行えます。元々キヤノンのフルサイズ一眼レ…

◯◯者は森山大道氏の「量のない質はない」は鵜呑みにしない方がいい

先日、こんな記事を見つけました。 <a href="http://matome.naver.jp/odai/2138019327725015801" data-mce-href="http://matome.naver.jp/odai/2138019327725015801">【写真】森山大道に学ぶ—初心者のための路上スナ…

一眼レフに入門用も初心者用もない?強いて言うなら○○の違い

// 写真講座を長年やっていると、こんな質問をよく受けます。 「初心者でも使いこなせるカメラはありますか?」 しかし、残念ながら初心者でも使いこなせるカメラはありません。なぜなら、どのカメラでも使い方は変わらないからです。 強いて言うなら、オー…

一眼レフを中古で買うデメリット?正しい中古カメラの買い方と購入後に行うべきこと

一眼レフやミラーレス一眼、コンパクトカメラ等の中古市場は大きく、カメラ店やオークションを通じて中古のカメラの売買がよく行われています。カメラを中古で買うメリットは、何と言っても値段が安いこと。カメラによって10万円を軽く超えるものもあり、中…

一眼レフからミラーレス一眼に変える人が多い理由

2008年後半。パナソニックが新しいタイプのカメラを販売しました。それが、ミラーレス一眼です。ミラーレス一眼は、一眼レフに使われているミラーを省くことで、従来の一眼レフよりも大幅にカメラの小型軽量化が可能になりました。 発売当時はプロのカメラマ…

上達する人は必ず◯◯的思考で物事を考える

写真に限らずではありますが、何かで上達していく人は論理的な思考で物事を考えています。無意識でも意識的でも、必ず頭の中では論理的な思考の過程が存在します。 一方、何かで上達しない人は論理的思考能力が低い為、感情論で物事を判断したり、行動の意味…

【写真が上達したいなら数を撮れ】は時代遅れ

// 写真が上達したいなら数を撮れ。 そんな言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。 しかし、この言葉にはある落とし穴があります。それは、練習の質を意識できるかどうかは、言われた本人次第ということです。 また、練習の質を意識できる人でも、数…

2015/12月更新:DxoMarkの見方・読み方

画像処理ソフトを作っているDxoMarkですが、Dxomarkでは各カメラのイメージセンサー(撮像素子)のテストを行い公開しています。よくデジカメinfoで各カメラのスコアが紹介されているので、ご存知の方も多いでしょうね。 しかし、テストされたデータの見方は…

カメラの画質が1番良いメーカーは...

写真を撮る人にとって気になるのが、カメラの画質です。僕は普段、良い画質=良い写真ではないと言い続けていますが、どのカメラがどの程度の画質なのかを知らなくてもいいと言ってるわけではありません。 やはり、カメラの性能がどの程度なのかを理解する必…

【努力は才能】の落とし穴

// 努力は才能。 そんな言葉を時々目にします。しかし、この言葉は時に自分の成長を妨げる可能性があります。少々厳しい言葉になるかもしれませんが、努力は才能と思ってしまう人は、才能のない自分に少しでも才能を見出したいのか、自分の努力を肯定したい…

パティシエ歴40年の方と、基礎練習と練習の質、思考することの大切さで意気投合した話

先日、ある洋菓子店に撮影に行った時に、オーナーパティシエさんと撮影前に小一時間ぐらいお話をしていたのですが、そこで話題に上がったのは「若い社員は考えて仕事をしない。だから、常に考えながら仕事をするように指導するところから始まります」と仰っ…

写真上達の秘訣は【言い訳】を口にしないこと

// 人間は言い訳の天才です。何かに失敗した時、物事が上手くいかない時は、意識していないのにそれを正当化しようとします。本当に不思議になもので、次々と言い訳が出てくるもんです。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。 しかし、言い訳するこ…

練習は嘘をつかないは嘘。万年初心者と上達する人の練習の質の違いとは?

写真の上達スピードを上げるには練習の質を上げる必要があり、練習の質を上げる為には、1日1日の経験値を最大化する必要があります。 経験値を例えば2倍にしてやれば、上達スピードは同じように2倍、時にはそれ以上に速くなります。逆に、練習の質が悪ければ…

カメラは小型軽量になると○○撮影が犠牲になる

// 写真講座を初めて4年、受講生さんは450人を超えました。Facebookの個人ページの友達は2000人を超え、Facebookページの「いいね!」数も3300程に。メルマガ読者も400人ぐらいになっています。発信する相手の母数がめちゃくちゃ多いというわけでもありませ…

写真が上達しない人の口癖は「それ知ってる」

// 講座を4年程やっていると、時々講座が終わってからこんなことを仰る方がいます。 「今回の内容はすでに知っていました」 この言葉、なかなか上達しない人の特徴の1つだったりします。ちなみに、上達している人で講座内容を知っている人はこんな風に言い…

写真が上手な人は◯◯を想定して○○思考でシャッターを切る

// 写真が上手な人とそうでない人の思考の過程は大きく違います。この思考の違いで、たくさん撮っているのに良い写真が少ないのか、総枚数はそんなに多くないけど良い写真が多く残るかといった違いがでてきます。 では、上手な人とそうでない人の思考の過程…

写真の上達スピードは【◯◯力 × 数】で決まる

// 写真を撮る時には、いろんなことを考えなければいけません。光、背景、構図、画角、背景のボケ、被写体の動感、それに伴う各設定。腕の良い撮影者なら、一枚の写真を撮るのに数秒という僅かな時間でも、何十通り、百数十通りの選択肢の中から最適な選択を…

写真で上達する人は、雑用も丁寧に行える信頼できる人。

// ビジネスにおいて、雑用が丁寧にできる人は信頼できると言われています。その理由は、 ①雑用も丁寧にできるということは、その人に仕事を自発的に面白くできる能力があるということ。 ②細部まで丁寧に拘った仕事ができる。 ③雑用を続けられるということは…

初心者が上達する魔法の言葉は、「まず◯◯る」こと

指導者が一番気をつけないといけないことは、初心者はイメージできないということです。写真は光が大事。背景が大事。構図が大事。とはよく言うものの、経験の浅い初心者は何が良くて何が悪いのかの判断基準がありません。 そこで良き指導者はまずこんなこと…

フルサイズ症候群の特効薬は◯◯を見ること

フルサイズ症候群とは、一般的に高価な機材でないと良い写真が撮れないと勘違いしてしまう症状のことを言うらしいです。フルサイズ症候群になる人は意外に多く、僕もその経験者であります(笑) 一度自覚をするとスッと治るものですが、不思議なものでフルサイ…

上達しない人は学ぶ。上達する人は○○する。

// 写真を趣味にしている人、何かでスキルアップを目指す人で、上達したいと思っているのになかなか上達しない人にはある共通点があります。それは、学ぼうとする意欲が強いということです。 間違いではないので、もう一度言いますね。 上達しない人の共通点…

「標準レンズで写真上達」が時代遅れの理由

写真上達のコツとして、標準レンズで撮ることと言われることがあります。プロのカメラマンでも、多くの人が推奨している方法です。しかし、僕はこの標準レンズで撮るという方法は、時代遅れだと考えています。なぜなら、僕からすれば上達の遠回りでしかない…

カメラマンの多くが写真上達の正しい指導ができない3つの理由

// 先日、日本でも多くの受講生がいる大きな写真教室で講師を担当しているカメラマン3人の対談動画を見ました。その対談は標準レンズについて話されていたのですが、僕が受けた印象は「プロの講師ではなくやはりカメラマン」です。 どういうことかと言うと、…

あなたの食生活では、体も心も悲鳴を上げているかもしれません

撮影のモチベーションを下げない為には、まずは健康です。体力がない、不健康であれば楽しいはずの写真撮影さえも億劫になってしまいます。その為、今回は健康を維持する為の食生活のポイントをお伝えしていきます。 ん?なんでそんなことが書けるのかって?…

◯◯設定を決めないと写真は上達しない

// 写真だけに限りませんが、何かを上達しようと思うなら、正しい目標設定が重要なポイントになります。これはビジネスにおいても言えることですね。正しい目標を設定をすることで初めて、逆算して何をしていけばいいかが明確になります。 目標を設定しなけ…

カメラが良くなって綺麗な写真は撮れても、良い写真は撮れません。

長年写真をやっていると、時々こんな言葉を聞きます。 「最近のカメラは性能がいいからね。誰が撮っても良い写真が撮れるでしょう。」 こんな風に思っている人は多いはず。しかし、カメラの性能が良くなって撮れるのは綺麗な写真であって良い写真ではありま…

キヤノンの重さ、ペンタックスのAFの悩みが、オリンパスで全て解決された話

重さに悩み、AFに悩む ここ半年を振り返ってみると、キヤノンユーザーからオリンパスユーザーに変わったことになります。詳しくは、キヤノンからペンタックスに。ペンタックスからオリンパスにという流れですね。 まず最初にキヤノンからペンタックスに変え…

オリンパスの14-150mm F4.0-5.6 II はコスパの抜群のレンズ。

オリンパスのE-M1がメインカメラになってからレンズも揃えたのですが、オリンパスのレンズは小さくて軽いのに驚く程写りが良いのに驚きました。どのレンズも解像度を気にして少し絞るという選択をしなくていいぐらい、絞り開放から良く写ります。M.ZUIKO DIG…

◯◯を更新すると、あなたのカメラの機能が無料で向上するかもしれません

// 一眼カメラなどは、メーカーが発売した後もファームウェアが更新されていきます。ファームウェアとは、一眼カメラ内の電子機器にどういう仕事をさせるかを書き記したプログラムのようなものです。なので、ファームウェアが新しくなれば、カメラは新しいプ…

上達の近道は、基礎の積み重ねしかない。

// 何事も基礎の積み重ねは大事です。野球選手で例えると分かり易いと思いますが、プロの選手になってからも素振りや走り込みというのは必ず行います。あのイチロー選手だって、毎日の素振りや走り込みなどは欠かせません。 基礎の積み重ねによる基礎スキル…

【一眼カメラの設定の悩み】はパターン化で消える

// 初心者の方は、一眼カメラで撮る時に毎回設定を調整しなければいけないと思っていらっしゃるケースが多いですが、実はそんなことはありません。 どんな人でも、撮影のパターンがあります。そのパターンをカメラに登録しておけば状況に合わせてパターンを…

高画質な写真と、多くの人に絶賛される良い写真。あなたはどちらを撮りたいですか?

ここ数日でオリンパスのE-M1のレポートを書いてきました。その中のレポート②で、一昔前のフルサイズと同等の画質になるという内容で書きましたが、その記事に対してこんなコメントがきました。 「大きくプリントした時には、やはり細部の描写の良さはフルサ…

【レポート③】EVF(電子ファインダー)が苦手な僕が、EVFに馴染めたE-M1のある機能

レポート②の続きです。 <a href="http://pentax-pro.hatenadiary.jp/entry/2015/05/20/140623" data-mce-href="http://pentax-pro.hatenadiary.jp/entry/2015/05/20/140623">【レポート②】オリンパスE-M1が一世代前のフルサイズの画質になる理由と、使いやすい操作性。 - 写真教室や独学で挫折しかけた人でも、8年かかるプロの写真撮影スキルを最短半年で習得する方法</a>pentax-pro.hatenadiary.jp 電子ファイン…

【レポート②】E-M1の高感度性能が一世代前のフルサイズと同等になる理由と、使いやすい操作性。

先日のレポート①の続きです。 &amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;a href="http://pentax-pro.hatenadiary.jp/entry/2015/05/19/155056" data-mce-href="http://pentax-pro.hatenadiary.jp/entry/2015/05/19/155056"&amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;…