写真上達の本質を考えてみる

写真講師を続けてきたカメラマンの思考を記事にしていきます

機材の話

マイクロフォーサーズユーザーにオススメしたいMFレンズ3選

LAOWA 7.5mm 小型軽量で超広角レンズとしては安価 F2の開放絞り値 絞った時の解像度 ノクトン 25mm F0.95 F0.95の開放絞り値 ハーフマクロになる最大撮影倍率 ノクトン 42.5mm F0.95 F0.95では柔らかい印象に 商品撮影でも使える絞った時の高解像度 MFレンズ…

卵サイズの超広角レンズ!7-14mm PROユーザーにLAOWA 7.5mmを勧める3つの理由

①マイクロフォーサーズの小型軽量を活かせる卵サイズの超広角レンズ ②7-14mm F2.8 PROより更に1段背景がボケてF5.6では全域で解像度が高くなる ③7-14mm PROでは使えないフィルターが使用可能!さらに便利な距離目盛付き 意外と安価な超広角レンズ入門!マイ…

室内撮影ならマイクロフォーサーズのコスパが良い3つの理由とそうでない1つの理由

①室内ではISO感度を上げることが多いので、求める被写界深度が得られるレンズがあるならマイクロフォーサーズとフルサイズの画質の差が被写界深度差による絞り値の違いで相殺される ②フルサイズの優位性が相殺される条件ならマイクロフォーサーズの方がコス…

マイクロフォーサーズのE-M1でシグマの18-35mm F1.8を使ってみたが...

マイクロフォーサーズとフルサイズは、被写界深度の差が2段分あります。なので、マイクロフォーサーズでF2.8通しのレンズを使った場合は、フルサイズでF5.6のボケ量になります。 こちらの記事でも書いている通り、逆に言えばフルサイズと同じ被写界深度を得…

12-100mm F4 PROの実測4.5段の手ぶれ補正とズーム全域高画質に驚く

オリンパスから少し前に発売された12-100mm F4 PRO。 出典:交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO | 交換レンズ M.ZUIKO PRO | オリンパス メーカーHPはこちら このレンズが注目されている理由は、 ・35mm判換算24-200mmをカバーしながらもズ…

E-M1のカスタマイズ【マニュアルフォーカス編】

こちらの記事では、E-M1が使いやすくなるカスタマイズについて解説しましたが、その後にマニュアルフォーカスのレンズを導入したので、マニュアルフォーカスを使うことを想定したカスタマイズを考えてみたいと思います。 ピーキング 拡大 ISO感度 AEロック …

パナソニック25mm F1.4からノクトン25mm F0.95に変えた理由

E-M1ユーザーの僕は、標準単焦点レンズとしてパナソニックのLEICA DG 25mm F1.4を所有していましたが、先日ノクトン 25mm F0.95に買い替えました。元々、フルサイズの一眼レフで50mm F1.4のレンズを使っていた時もF2.4ぐらいに絞っていたので、パナソニック…

PEN-Fを早々に手放しE-M1の操作性の良さを再確認した話

こちらの記事で、E-M1 MarkⅡとPEN-Fのどちらを買うかを悩んだ結果、PEN-Fを買ったことをご紹介しました。しかし、購入後早々に売却することになりました。理由は、とても使いにくかったからです。 ※最初に断っておきますが、この記事で書くことはあくまでPEN…

E-M1ユーザーの僕が、E-M1 MarkⅡではなくPEN-Fを購入した理由

※注意:この記事ではPEN-Fを買った理由について書いていますが、残念ながらPEN-Fは購入後早々に手放しました。その理由は下記の記事をご覧下さい。 オリンパスのE-M1ユーザーである僕が、E-M1 MarkⅡではなくPEN-Fを買ったと言ったら驚く方もいるかもしれませ…

カメラ選びの基準はコントラストAFとボディ内手振れ補正が使えること

僕自身がカメラを買おうかなどうしようかなと思う基準として、2つの要素があります。それが ・コントラストAFが使えること。 ※又は、ソニーのα99Ⅱのように像面位相差AF優先でピント合わせを行えること。 ・ボディ内手振れ補正が搭載されていること。 という…

利き目が左の人にオススメしたい小型軽量のミラーレス一眼カメラ

カメラのファインダーを覗く時、あなたはどちらの目で覗きますか?これは本当に人それぞれで、右目だったり左目だったりバラバラです。ちなみに僕は左目なんですが、左目で覗く人にとって厄介なのは、背面のモニターを指でスライドさせてAFエリアを変更する…

SONYのEマウント(APS-C)がマイクロフォーサーズより小型軽量な件について

出典:α6500 特長 : 高い信頼性と進化した操作性 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー 小型軽量を謳うマイクロフォーサーズ。しかし、ソニーのEマウントが意外と小型軽量なのはあまり知られていないかもしれません。全体的なレンズラインナップや防…

これだけは知っておきたいマイクロフォーサーズのメリットとデメリット

E-M1を1年以上使ってきて、最近とくにマイクロフォーサーズのメリットデメリットがよりはっきり分かるようになってきたのでまとめてみたいと思います。 フルサイズの高感度性能の優位性を相殺する被写界深度の深さに加え、フルサイズよりも効きの良い手振れ…

E-M1の顔認証AFをオンにした方がいいケースとオフがいいケース

E-M1を使ってきて実感しているのは、AF精度の高さです。カメラに対してほぼ平面になっている被写体はまず外しません。被写体が斜めになっている場合は、稀にピントが意図したところから若干前後にずれる可能性もありますが、撮影者自身がピントを合わせる場…

マイクロフォーサーズのF1.2はどれぐらいボケるのか?

度々このブログでは、マイクロフォーサーズのF1.4はフルサイズのF2.8のボケ量とほぼ同じ、つまりフルサイズとマイクロフォーサーズのボケ量の差は2段とお伝えしてきました。なので、マイクロフォーサーズでF1.2ならフルサイズでF2.4の絞り値になります。そう…

E-M1の操作性が抜群によくなる個人的カスタマイズ

E-M1を使って実感するのは、とても操作性が良いことです。商品撮影をするにしても、ポートレートを撮影する際も、静物を撮る際も、とても快適に撮影することができます。そこで、今回は実際に僕がどうE-M1をカスタマイズしてどう使っているのかをご紹介して…

自社で商品や料理を撮るなら撮影ボックスよりストロボに傘セットがオススメ

カメラマンではないけど、仕事で商品写真等を撮影しなければいけない。そんな時によく購入されるのが撮影ボックス。撮影ボックスとは下記のような箱型の撮影セットです。 この中に商品を入れて撮影するだけで、簡単に綺麗な写真が撮れるという品物で、ボック…

ステップアップでフルサイズ一眼?本当に必要?

世間一般的に、写真を趣味にしている方の間では いつかはフルサイズ ステップアップでフルサイズ一眼レフを という傾向があります。 フルサイズというのは一眼レフの規格の一つで、イメージセンサー(光が当たって画像に変わる、フィルムの役割をするもの)…

ミラーレス一眼でも大きいという人の為のオススメ日常カメラ

一眼レフは大きくて重いもの。だからミラーレス一眼がオススメ!なんて言葉はよく聞きます。実際に、僕も一眼レフの大きさと重さがネックになり、機材一式をもっと小型軽量のオリンパスのミラーレス一眼に変えた経験があります。しかし、ミラーレス一眼が小…

運動会・スポーツ写真等の動体撮影ができるコスパ抜群の一眼レフカメラ

カメラ購入の相談でよくあるのが、 運動会やスポーツ撮影で使えるカメラを探していますが、なるべく低予算で機材を揃えたいんです。 というもの。結論からお伝えすると、運動会やスポーツ撮影でコスパ抜群の機材を揃えるなら約11万円で揃えられるキヤノンの7…

レンズのファームウェアを更新したらAFが迷わなくなった話

僕はE-M1をメインカメラとして使っているので、アオリレンズ以外はマイクロフォーサーズのレンズで一通り揃えていますが、その中にパナソニックの42.5mm F1.2というレンズがあります。 このレンズはとても良いレンズではあるんですが、購入直後のテストでは…

α99Ⅱでは一眼レフ特有の前ピン後ピンの問題が大方解決している?

通常の一眼レフはミラーを使っているので、ファインダーからレンズ越しに被写体を見ることができます。一方、ソニーはミラーではなく透過式のトランスルーセントミラーを採用しています。 ※引用元:インタビュー:ソニーに訊く「トランスルーセント・ミラー…

オススメ一眼カメラを撮影スタイル別に解説!全メーカー紹介の保存版

一眼カメラと一言で言っても、メーカーや機種によってコンセプトが違うのでそれぞれのカメラに特徴があります。その為、とくに初心者にとってはどのカメラがどの特徴があるのかを調べるのは一苦労です。そこで今回は、様々な人からカメラ選びの相談を受けて…

レビュー記事有:E-M1 MarkⅡは高感度とDR改善、全点クロス像面位相差はAF追従18コマ。

E-M1 MarkⅡがもう間もなく発売となりますが、個人的に注目しているポイントをご紹介していきます。 開発発表に関してはこちら 新イメージセンサーによる高感度性能とダイナミックレンジの改善 全点クロス121点の像面位相差AFとAF追従で18コマ 電子シャッター…

E-M1を使うカメラマンがオススメするマイクロフォーサーズのレンズ5選

機材が重たいと、モチベーションが下がったりフットワークが悪くなります。撮影に対する自分のコンディションを下げないという意味では、僕にとって小型軽量はとても重要な要素です。そんな僕がメイン機材をフルサイズ一眼レフからマイクロフォーサーズ規格…

今更だけど電子ファインダーのメリット・デメリット

僕は普段オリンパスのミラーレス一眼であるE-M1を使っているので、このブログでも度々電子ファインダーのメリットについて触れています。ですが、ふと振り返ってみると電子ファインダーをメインテーマにした記事は書いてないなと思い。ということで今回は実…

知らないとピントを外す?ミラーレス一眼のAFの欠点。

普段からオリンパスのE-M1を使用していますが、E-M1のコントラストAFの精度はかなり高いです。とくに近距離中距離でのカメラに対して真正面を向いている場所(看板等がこちらを真正面に向いている等)にピントを合わせる場合、顔認識でAFをする場合のピント…

マイクロフォーサーズの超広角レンズを選ぶなら7-14mm PROが良い3つの理由

マイクロフォーサーズで超広角レンズを選ぼうとすると、3つのレンズが候補として挙がります。 ですが、両者それぞれ特徴があるものの僕は迷わずオリンパスの7-14mm PROを選び、実際に普段から使っています。今回はその理由について解説していきます。 距離目…

高級コンパクトカメラの中でもダイナミックレンジが広いカメラは?

このブログでも度々GRをオススメしていますが、その理由は使い勝手の良さです。とくに、純正ケースとカラビナを用いるとベルトに固定できるので、わざわざカメラバッグから出す手間が省けます。ずっと腰のところにカメラがあるからです。撮りたい時にはすぐ…

オリンパスのミラーレス一眼で本格的に写真に取り組む場合のコスパ。

一眼カメラはメーカーやカメラによって規格が違い、大きく3つに分かれます。 これは撮像素子(イメージセンサー)のサイズの違いなんですが、この撮像素子のサイズで背景のボケ量が変わり、サイズが大きくなればなる程背景のボケ量は大きくなります。 ちなみ…

シグマの単焦点レンズの真価を発揮できるのはミラーレス一眼?

少し前に、シグマからマウントコンバーターMC-11が発表になりました。 SIGMA MOUNT CONVERTER | マウントコンバーター | 共通アクセサリー | SIGMA GLOBAL VISION このコンバーターは、キヤノンのEFマウント、シグマのSAマウントの一眼レフ用レンズを、ソニ…

親指AFにしなくても親指AFのメリットを得られるE-M1のカスタマイズ性

普段、プライベートで撮影に出かけられる時や仕事で撮影する時はオリンパスのE-M1を使っています。僕の用途は、プライベートではスナップや風景、仕事はポートレートや商品、料理、建築撮影等、動く被写体以外の撮影がほとんどです。 そんな僕がE-M1を使い出…

三脚や何本ものレンズを持って行って、肝心なシャッターチャンス逃してないですか?

先日、公園でカメラバッグに三脚、一眼レフを持っていて、6歳ぐらいの男の子と一緒にいるお母さんを見ました。そのお母さんは、設定に手間取ったりレンズを交換をしているうちに子供は自由に遊びまわるので、シャッターチャンスを何度も逃していました。で…

家族が増えた時に買うカメラ?シングルファザーのカメラマンが主婦にオススメのカメラを考えてみた

写真講師をしているとカメラ購入の相談を受けることが多いです。カメラ購入の理由は人それぞれいろいろありますが、僕の周りでは趣味で始めたいという人が1番多いように感じます。そして、次に多いのが「家族が増えたから良い写真を残したい」という人です。…

写真の画質に対して執着が無くなると、写真はもっと楽しくなる?

// 趣味で写真をされる方の中で、カメラやレンズの画質を気にする方は多くいらっしゃいます。機材のポテンシャルを把握するという意味で調べ検証することは問題ありません。しかし、常に最高の画質を求めてしまうあまり、新しいカメラやレンズが出たらすぐに…

一眼レフとミラーレス一眼の違い

// 一眼レフとミラーレス一眼。初心者の方にとってはどういう違いがあるのかよく分からないと思いますが、一言で言うとミラーの有無です。 これは、一眼レフを横から見た図です。一眼レフにはミラーがあり、ミラーに反射した光がペンタプリズムという鏡の箱…

なぜもっと早くミラーレス一眼にしなかったのか?

フルサイズ一眼レフからオリンパスのミラーレス一眼に変えて約1年が経ちますが、ミラーレスに変えて後悔したことは1度もありません。むしろ、なぜもっと早くメイン機材をミラーレスにしなかったのか...?と自分の判断の遅さに後悔したぐらいです。 このブロ…

超広角レンズは◯◯を考慮しないと画質が落ちる

カメラのレンズには各収差があります。 【色収差】 ・軸上色収差 ・倍率色収差 【ザイデル収差】 ・球面収差 ・コマ収差 ・非点収差 ・像面湾曲収差 ・歪曲収差 各メーカーがレンズを設計する時、この収差をいかに無くせるかと試行錯誤しています。各収差を…

マイクロフォーサーズで35mm判換算12mmで撮影する方法

僕が普段から使っているマイクロフォーサーズは、焦点距離が2倍になります。なので、35mm判換算で50mmで撮影したい場合は25mmを。35mm判換算85mmで撮影したいなら、42.5mmのレンズの使わなければいけません。 もちろん、メーカーはその点を考慮し様々なレン…

肝心な時に「カメラのシャッターが切れない!」を防ぐ方法

最近のデジカメは画素数が多く、連写機能も向上してきました。ですが、連写をしていると、カメラの連写速度が遅くなったり、書き込みが終わるまでに時間がかかりシャッターが切れなくなったり、撮影モードを変えられなかったりと、シャッターチャンスを逃し…

一眼レフを中古で最も安く買う方法

カメラやレンズの中古市場は大きく、大抵は購入希望のものが中古で買えたりします。新品同様であっても、中古というだけで値段も少し安くなるので、お得な買い物になりますね。このページをご覧のあなたも、1度は中古で探してみようと思ったことがあるはずで…

カメラマンではないけど仕事で写真を撮る人に勧めたいカメラ

仕事柄いろんな人とお会いしますが、カメラマンではないけど仕事で写真を撮るという人は以外と多いです。今回はそんな人にオススメしたいカメラをご紹介します。 ①キヤノン G7X ※画像は価格.comの製品ページより 本職でない人がカメラを持つ場合、他にもいろ…

超広角レンズを超小型軽量で楽しむならこのカメラ!

先日講座を行った時にこんな質問がありました。 「山を歩くことがありますが、なるべく小型で超広角レンズを使って撮れるカメラはありますか?」 少し考えた結果、僕はある組み合わせしか思いつきませんでした。それが、パナソニックGM1とパナソニックの7-14…

カメラ選びで何を優先する?小型軽量?背景のボケ?予算?

デジタル一眼カメラは3つの規格があり、それぞれカメラの大きさや背景のボケる量が違います。この規格の差は、光を画像に変換するイメージセンサー(昔のフィルムの役割をするもの)の大きさの違いです。画像で見てみるとこんな感じですね。ちなみに、フルサ…

知らないと追従しないE-M1の動体撮影の設定

オリンパスの望遠レンズと言えば、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 kakaku.com 35mm判換算で80-300mmF2.8になるこのレンズは、ポートレートや商品撮影でも活躍するので使用頻度は高いです。そして、オリンパスOM-Dユーザーで動体撮影をするなら…

一眼カメラ購入前に知っておきたい一眼クオリティのコンパクトカメラ

近年、写真愛好家、又はプロの間で注目を集めているのが高級コンパクトカメラです。このコンパクトカメラの特徴は、一眼レフカメラに比べて小型軽量にも関わらず、一眼カメラとほぼ同等の画質で撮影することができるカメラが多いことです。背景も普通にボケ…

幼児のママ必見!子供と出かけるなら一眼カメラではなくRICOHのGRを

僕は普段、オリンパスのミラーレス一眼E-M1を仕事でもプライベートでも使っています。最上位機種でもボディはかなり軽量。プロレンズをつけても比較的軽量なので、歩き回るような撮影では軽いフットワークで撮影が行えます。元々キヤノンのフルサイズ一眼レ…

一眼レフからミラーレス一眼に変える人が多い理由

2008年後半。パナソニックが新しいタイプのカメラを販売しました。それが、ミラーレス一眼です。ミラーレス一眼は、一眼レフに使われているミラーを省くことで、従来の一眼レフよりも大幅にカメラの小型軽量化が可能になりました。 発売当時はプロのカメラマ…

キヤノンの重さ、ペンタックスのAFの悩みが、オリンパスで全て解決された話

重さに悩み、AFに悩む ここ半年を振り返ってみると、キヤノンユーザーからオリンパスユーザーに変わったことになります。詳しくは、キヤノンからペンタックスに。ペンタックスからオリンパスにという流れですね。 まず最初にキヤノンからペンタックスに変え…

オリンパスの14-150mm F4.0-5.6 II はコスパ抜群のレンズ。

オリンパスのE-M1がメインカメラになってからレンズも揃えたのですが、オリンパスのレンズは小さくて軽いのに驚く程写りが良いのに驚きました。どのレンズも解像度を気にして少し絞るという選択をしなくていいぐらい、絞り開放から良く写ります。M.ZUIKO DIG…